保育士が選ぶ読み聞かせ絵本【分園 0歳児、1歳児、2歳児】

0歳児 分園 つぼみ組 「たまごのえほん」

 

【出版社】

童心社

【作者】

いしかわ こうじ

【選んだ理由】

 わかりやすくて絵が見やすい、「ぱりっ」「ぺきっ」と擬音が楽しい絵本なので選びました!

 

【どんな本?】

形や大きさの違う卵からさまざまな生き物が出てきます。仕掛け絵本なので、ページが少しずつ変化して楽しい絵本です。

 

【クラスの様子】

保育士が絵本を手にすると「あっ!はじまる!!」とみんな集まってきてくれます。卵の殻が割れるたびに声を出したり拍手したりと大喜びで見ています!

 

 

 

 

1歳児 分園 つくし組 「どんぐりころころ  おやまにかえるだいさくせん」

 

【出版社】     赤ちゃんとママ社

【文】            スギヤマカナヨ

【絵】            スギヤマカナヨ

 

【選んだ理由】 

歌うことが大好きなつくしさん。毎日たくさんの歌を歌っている中で「ど んぐりころころ」なら聴き覚えがあるでしょう!

これからの季節ににぴったりの絵本だと思い選びました。

 

【どんな本?】

「どんぐりころころどんぶりこ〜♪」どんぐりのころころは、その 後どうなったのでしょう?

 やっぱりお山に帰りたい…と泣くのを見て、たくさんのお池の仲間 がやってきます。どうやったらお山に帰れるかなぁ…      さぁ!どんぐりころころの大冒険が始まります!                          

【クラスの様子】 

どんぐりのころころは、いったいどうやってお山に帰るの?

「えっ?!たべられちゃうの?」とびっくりしたり、 

「どこに いっちゃうの〜?」と心配したり、ハラハラドキドキしながら見ています!お歌もいつの間にか覚えてしまうでしょうね。

 

 

 

 

2歳児 分園 たんぽぽ組 「はじめてのさんびきのこぶた」

 

【出版社】

教育画劇

【絵】

ヒロミチイト

【選んだ理由】

絵本や紙芝居が大好きで、「読んで」と言って絵本を持ってくる子ども達。

集会などで、少し長いお話を聞けるようにと選びました。

 

【どんな本?】

お母さんに「自分のお家を建てて住みなさい」と言われた三匹の子ぶた。

それぞれ、ワラの家、木のお家、レンガのお家を作ることに。

 

【クラスの様子】

少しずつストーリーのある絵本や紙芝居を聞けるようになってきました。じっくり見て、次はどうなるかな?など、繰り返し読むうちに覚えてきた子ども達。「ふ〜っ」とお家を吹き飛ばす場面では、オオカミと一緒になって「ふ〜っ」とまねっこしながら楽しんでいます。

 

Copyright 2019 金町保育園