まつぼっくり11月号

赤や黄色のカラフルな葉っぱが秋から冬への季節の移り変わりを教えてくれているようです。
子ども達は、落ち葉を集めて色々な遊びを楽しんでいます。朝夕の寒暖差が大きく変わり体調を崩しやすいため、体調管理に十分気を付けていきましょう。
先日、たんぽぽ組の「体操見せあう会」と幼児組による「体操発表会」を行ないました。どのクラスも頑張っている姿がとても素敵でした。子ども達一人ひとりが輝いていました。

 

11月の予定

1日(月) 水害訓練
4日(木) 秋の全園児健診
16日(火) 火災訓練
29日(月)30日(火) お店屋さんごっこ
 ※お店屋さんごっこは感染予防の為、2日間に分けて行います。

 

クラスの様子


つぼみ

1組 靴を履いて保育士と手をつないで歩いたり、お散歩バギーにつかまり立ちしたり、小さいお友だちは気持ちよくねんねして秋の散歩を楽しんでいます。空高く飛ぶ飛行機や、バス、ショベルカーなどに気づいて「お!」「ブーブー」「ガーガー」などお話ししながら、指差しして教えてくれます。お部屋に戻ると帽子や靴下を頑張って脱ごうとする姿が見られるようになってきました。
2組

生活の流れが分かるようになり、食事ワゴンを見ると、自分の食事タオルを探したり、自分でタオルをつけようとする姿が見られてきました。着替えの時には、「あんよをあげてね」などと声を掛けると自分の足を見たり、足をあげようとする姿がみられます。できたことを一緒に喜びながら過ごしています。

つくし

1組

色々なことを自分でやってみようという事が、多く見られるようになってきています。散歩の準備も自分から頑張っている姿が見られ、できると「ほら!」と嬉しそうに見せに来てくれます。お友だちとも手つなぎや、一緒に何か同じことをしていて楽しむ姿が見られます。

2組 戸外遊びでは、お友だちと手をつないで歩けるようになった子ども達。「手つないでね」と声を掛けると、自分からお友だちに手を差し伸べて嬉しそうに手をつなぐ姿が見られます。歩きながら色々な発見をしたり、秋の自然にも触れながら戸外遊びも楽しんでいます。

たんぽぽ

1組 日頃から跳び箱ジャンプや鉄棒、ハードルジャンプなど頑張って練習してきたので、体操見せあう会では、みんな上手に跳べるようになり、大きな成長を感じることができました。戸外ではお友だちとお話を楽しみながら「これなんの実?」「落ち葉だ!」と自然に触れながら遊んでいます。肌寒くなってきましたが、元気いっぱい戸外で遊んでいきたいと思います。
2組 ますます肌寒い日が多くなり、秋が本格的になってきましたね。戸外ではどんぐり拾いや落ち葉拾いなど秋の自然に触れることを、公園では固定遊具に親しみ滑り台やシーソー、鉄棒などを楽しんだり、お友だちや保育者と一緒に全力で走り回ったりとたくさん体を動かして遊ぶ事を楽しんでいる子ども達です。ますます寒くなってきますが、戸外へたくさん行き、元気な体作りをしていきたいと思います。

すみれ

  跳び箱を跳ぶのが初めてのすみれさん。体操発表会に向けて、助走、踏み切る、手をつく、足を開いてジャンプとコツコツと練習を積み重ねてきた成果を先日の体操発表会で披露することができ、子ども達の「どうだ!」という表情に、頑張ってきたんだ!出来るようになったんだ!という強い意志を感じました。“コツコツ積み重ねられる力”を今後の行事にも活かしていきたいと思います。

れんげ

 

10月に入り体操発表会に向けて毎日練習してきました。練習を積み重ねることで跳び箱3段跳べるようになったり、鉄棒に飛び乗る時、先生の力をかりず自分で乗ることが出来るようになったりと子ども達の成長が日々感じられるようになりました。友だちの頑張る姿に拍手をしたり応援したり仲間意識も高まりました。次はプレイデーに向けてみんなで力を合わせて楽しみながら頑張っていきたいと思います。

ゆり

 

体操発表会に向けて、意欲がありいつでも前向きに取り組んできました。当日、緊張する姿も見られましたが、全員が自信を持って競技に望めました。ゆり組は組体操にも挑戦。コロナ渦の為組体操は一人技を披露しました。成長した姿を見てもらうことができました。

 

おしらせ

11月に、たんぽぽ組の保育参観を予定していましたが、感染拡大防止の為、中止とさせていただきます。

 

Copyright 2021 金町保育園