保育士が選ぶ読み聞かせ絵本【0歳児・1歳児・2歳児】

【クラス】   0歳児 つぼみ組

【題 名】  ペンギンたいそう

【出版社】福音館書店

【文】【絵】 齋藤槙

【選んだ理由】

体を動かすのが上手になってきたので楽しめると思い選びました。

【どんな本?】

ペンギンがユニークな動きや、伸び縮みをしてたいそうをします。読みながら思わず体が動いてしまう絵本です。

【クラスの様子】

最初はどんな絵本だろう?とじっと見ていた子どもたちでしたがペンギンの動きをみてパタパタ〜と手を動かしてみたりジャンプの真似をしてみたり、、、楽しんで見ています。

【クラス】1歳児 つくし組

【題名】おたすけこびと

【出版社】徳間書店

【選んだ理由】

働く車が大好きだから

【どんな本】

小さな小人さんたちが力を合わせて誕生日ケーキを作るお話しです。

小さくても何でもできるぞ!

【クラスの様子】

働く車がでてくると「あっショベルカーだ」など車の名前を呼んでいます。ケーキが完成するとおめでとうと言って、手を叩いたりして楽しんでいます。

【クラス】たんぽぽ(2歳児)

【題名】はじめての おむすびころりん

【出版社】教育画劇

【作者】たんじあきこ・絵

【選んだ理由】

紙芝居が大好きな子どもたち。昔話シリーズで今回はおむすびころりんを選びました。

【どんな本】

おじいさんが落としたおむすびがころころ転がって、穴の中に落ちてしまいました。穴からは楽しそうな歌声が聞こえてきておじいさんも入ってみることに。それを見ていた、いじわるおじいさんも真似して入ってみることにしましたが

【クラスの様子】

お話しが始まると、期待を持ってみている子どもたち。

途中、おむすびころりんすっとんとーん♪”とお歌を歌ったり、最後までとても楽しんでみています。

Copyright 2021 金町保育園