保育士が選ぶ読み聞かせ絵本 Vol.8【0歳児つぼみ組】

【クラス】 0歳児 つぼみ一組

【題 名】 こんにちは、ばいばい

【出版社】 神宮館

【文】 サトシン

【絵】 北村裕花

 

【選んだ理由】

「ワンワン」、「ニャンニャン」など動物に興味が出てきて発語が増えてきていたり、ばいばいなどの動作ができる子どもが増えてきたので楽しんでみることができると思ったからです。

 

【どんな本?】

ママとぼくが散歩にでかけていろんな動物に出会い、挨拶をして楽しむ、という絵本です。

 

【クラスの様子】

動物が出るたびに、「ワンワン!」「ニャンニャン!」と指をさしてお話ししたり、たぬきが出る場面ではぽんぽんとお腹を叩いたり、ばいばいをするシーンでは一緒にばいばいをする姿が見られるようになってきました。とても楽しくみんな笑顔で見ています!

 

 

 

 

 

【クラス】 0歳つぼみ2組

【題名】 ふたをぱかっ

【出版社】 KADOKAWA

【作者】 新井洋行

 

【選んだ理由】

食べ物に興味が出てきた子どもたち。たくさんの食べ物が出てきたり、ぱかっと蓋を開けて場面が変わるところはしかけもあって楽しんで見れると思ったので、この絵本を選びました。

 

【どんなえほん】

鍋にいろんな食材を入れると、『じゅうじゅう』『ぱちぱち』とおいしい音♪『ぱかっ』とお鍋の蓋を開けるとシチューやカレーなどのご飯が出てきます。

 

【子どもたちの様子】

ふたが『ぱかっ』と開きおいしそうなご飯が出てくると、うれしそうにニコニコしたり手をたたいて「いただきます」のような仕草をして楽しんでいます。おいしそうなご飯を見て絵本に近づいてくる子もいます。

 

 

 

Copyright 2021 金町保育園